言霊木霊

FF14を中心とした様々なスクリーンショットの加工画像などを紹介します。その他中の人の雑記なども。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

FF14用PC見学ツアーレポート

■はじめに
PCの知識が非常に乏しいという筆者の視点でのレポートであります。既に「そんなことは分かってるよ」って思われる方もいると思いますが、
ゆえに自分と同じようにPCの知識があまりない方にこそ見ていただきたいレポートです。

今回は友人数名と秋葉原のPCショップを見て廻ってきました。そして一部のお店では店員さんにお話も聞いてきました。
周った店舗はドスパラ twotop ark Faith ツクモ
以下に各カテゴリごとにレポートをまとめてみました。

そして今回のレポートで出てくるFF14ベンチマークのスコアは全てHighモードでのスコアになります。

■各店舗を周った感想
最初にも述べたが、今回のレポートは筆者の素人視点でのレポートであることを理解していただきたいです。
歩いている道順に各店舗を周ってきたのですが、どの店舗も入ってすぐのところでFF14のベンチマークを展示してました。
そしてどこの店舗でもHighで2000~4000程のスコア。素人考えで率直に「え?こんなもんなの?どいつもこいつもやる気あんのか」
って普通に思ってました。でもスペックを見ると現存するパーツ等は最高レベルのものを使用してたりするんですよね。
どこの店舗でも同じように展示してあるスペックの高さとベンチマークのスコアが比例していないというか、なんかズレてる感を抱いていました。
そうこうしながら最後、抱いていた疑問を思い切ってツクモの店員さんに聞いてみました。すると以下のような回答をいただきました。
---------
現存してるパーツで構成をするとこれくらいの数値(2000~4000超程度)が限界であること。それ以上を求めるのであれば、不可能ではないが現実的なレベルからは離れていく。
なので現実的に考えれるレベルであればこれくらいのマシン(2000~4000超程度)が現状の最高峰マシン。

グラフィックカードに的を絞って言うと、現存で考えられる一番のクラスが GeForce GTX 480 か Radeon HD 5970 付近のクラスのもの。
それでも5000は越えない。それを2挿ししたGeForceだとSLI と RadeonだとCrossFire(クロスファイア)だともうちょっとスコアは上がるかもしれない。
しかし、製品版やベンチマークがデュアルGPUに対応してるかは現状では不明。
現状FF14はDirectX9での開発となっているため、性能を全て引き出せるかは分からない。
----------
以上が若干筆者のニュアンス混じりでの描写になってるがツクモの店員さんによる回答。
いかに5000って数値がとても果てしなく、現実的でない数値なのかってのを直接肌で感じることができました。
各店回ってても4000付近のスコアを出してるマシンって、実は凄いクラスのマシンだったんだなって事実。

そうなるとここでまた新たな疑問が。
FF14ベンチマーク公式が発表している目安になるあの数値、あれの信憑性をちょっと疑ってしまいます。
--------------公式からのコピペ
【8000~】 非常に快適
非常に快適に動作すると思われます。お好みの設定でお楽しみください。
【5500~7999】 とても快適
とても快適な動作が見込めます。描画クオリティを高めに設定しても、とても快適に動作すると思われます。
【4500~5499】 快適
快適な動作が見込めます。描画クオリティを高めにしても快適に動作すると思われます。
【3000~4499】 やや快適
標準的な動作が見込めます。余裕が有れば描画クオリティの調整をお勧めいたします。
【2500~2999】 普通
標準的な動作が見込めます。
【2000~2499】 やや重い
ゲームプレイは可能ですが、処理負荷によっては動作が重くなりますので、その場合はコンフィグにて調整する事をお勧めいたします。
【1500~1999】 重い
ゲームプレイは可能ですが、全体的に動作が重く感じられます。コンフィグで調整をした場合でも、あまり改善は見込めません。
【1500 未満】 動作困難
動作に必要な性能を満たしていません。
----------------------------------
これでいうと、現存の最高レベルのマシンでも「【3000~4499】 やや快適」あたり。しかも本日回った中で一番のスコアが高かったのは
Faithの展示マシンの4400(推定。詳しくは以下■3Dモニタについてのおさらいを参照してください)
でそれが金額的に50万円くらい。でもってそのクラスはツクモの店員さん曰く現実的じゃないスペックだとう。値段的にも50万はあまり現実的でないですよね・・。
それですら「やや快適」ってなんだよって思っちゃいますよね。
8000ってどんなマシンなのか、きちんとスペックとして公表してほしいです。

本日各ショップを廻ってきて自分の中での落としどころが見えてきた気がします。というのは
【3000~4499】 やや快適
・この辺の位置を目指すのが現状の現実的なレベルでの最も遊びやすい環境であるということ。
・そしてこの辺のスコアを出せるスペックのマシンであれば、最高レベルのパーツを使用してもそこまでバカみたいな金額にもならずわりと現実的であること。
(秋葉原で見たお店だと12~15万程度でした)この辺の金額的感覚は個人差あるでしょうがあくまで筆者個人的な意見として。


こうやって実際に現実を目の当たりにするといかに公式のベンチマークの基準数値とズレが生じているかってのがよく分かります。
もしくは現状誰にもたどり着くことができないようなスペックでゲーム開発してしまっていいのかとも思いました。
前にどこかで、「FF14のスペックは5年後くらいに標準になるようなものを、1番高いレベルに設定している」という見解をしています。そうなると
【8000~】 非常に快適
が5年後に標準スペックとなってるって見解になります。

その事実は5年後にしか分かりませんが、ほんとにそこまでスペックが伸びていくのかは正直怪しいんじゃないかと思いました。詳しい方はどう予想されますか?もし詳しい方いましたらご意見いただきたいです。

筆者のようにPCのスペック等にあまり詳しくない人は、このベンチマークの数値をある程度基準にマシンを選択したりすると思うんですね。
そうなると、現存のどのPCもしょぼく見えてくる。かといって満足のいく数値を出すマシンとなるととてつもない金額になるかもしくは構成すること自体現状かなり厳しいなんてことにも。
つまりは現存のスペックと照らし合わせての正確な判断が行えないと思うんですよね。それで誤認が原因でPC購入を諦め、泣く泣くPS3版のために半年待たなくてはいけないなんて人も少なからずいるのではと思いました。

動向してくれた友人も、その誤認がゆえにPC版やるとしたら25万前後は投資しないといけないのかなーなんて思ってたそうですが、
直接ショップで見て、店員さんの生の声を聞いて現実を把握したら実際は12~15万あたりのラインナップを購入するのが最高レベルであることを知り、
PS3版しか選択肢はないなと判断していたのが、PC購入も選択肢に入ったそうです。
こんな感じで、PCにするかPS3にするかのギリギリのラインで悩んでる人って結構いるんじゃないかと思ったんですね。
そういう方が誤認が原因で後悔するのはすごく気の毒だと思ったのでこうやってレポートとしてまとめました。
そして一人でも多くの人がこの誤認を認知し、現実を理解し、各々が正しい判断をしてくれることを願います。

それによってPS3版の売り上げがどうのこうのっていう大人の事情が絡んでいるのかはさておき、
それとこれとは話が別。やっぱりユーザーには分かりやすく、やさしく説明をしてあげる必要があると思う。
ちょっと不適切なベンチマークの基準値なのかなと感じました。

今回ツクモさんとFaithさんの店員さんに聞いたのですが、
両店共に近々FF14用に組まれたPCは間違いなく販売すとのことでした。
ただ凄いパーツをつんでるだけのマシンではなく、ベンチマークを基準としたバランスを取った各パーツの構成などがなされるのでしょうか。それらの情報を心待ちにしております。

今回お話を聞いてて、ツクモの店員さんは本当によくしてくださって感謝です。
丁寧にいろいろ教えてくださり、本当に勉強になりました。
マシンのラインナップもよかったし、お値段もリーズナブル。一番したにオンラインショップのリンク張ってみました。良かったらご覧になってプランの参考にしてみてもいいかもしれません。

■3Dモニタについてのおさらい
先週に引き続き3Dディスプレイをまた見てきたのですが、また新たに分かった知識もあったのでご報告です。
まずは先週と同じくソフマップへ。ここはあまり変わらず同行者みんなでワイワイ初めての3DでのFF14ベンチにみんな驚き。でもやっぱり目が疲れそうだとかそういう意見は出てました。
次にいろいろ周りつつFaithってお店に行ったんですが、ここでも3DモニタでFF14ベンチを公開していたのですが、なんとびっくり、
ソフマップで見たときよりも圧倒的に綺麗で見難くもないんです。筆者も同行者も一同非常に感動。これならずっと見続けてても大丈夫って意見もありました。同感でしたそれ。
でもソフマップで見たときよりも飛び出し具合っていうか立体具合が若干弱かった気がするんですね。気にならないレベルでですが、で、裸眼で見てみても左右のブレの幅が狭いんじゃないかなって感じました。
つまりは、ブレの幅が変われば焦点を合わせるための眼球運動も軽くなり、同時に画面も見やすくなるのかなと感じました。その代わりに立体感はそれに応じて損なわれるのかなと感じました。
とはいえ、目にも優しい、そこまで立体感が損なわれてるって感じもしてません。これならますます3Dディスプレイはアリだなって強く感じました。

そこでまた疑問が、「ブレの幅は任意で調整できるのか」ってこと。
でもってまたまたFaithの店員さんに聞いてみました。以下がそのやりとり
--------------------------
筆者「ブレ幅ははモニタ側で任意に変えれるものなのですか?モニタは同じっぽいのに、他店と幅が違うようなのですが。」
これを設定した人間が今いないので正確なことは分かりかねるが
ブレの調整はモニタで調節はできない(展示してるモニタは)調節はグラフィックカードのドライバで行えると思う。
なので、テレビのリモコンでピッピとやる感覚で気軽にブレ幅を調節することはできない。

筆者「いまみたらベンチマークの結果がhighで2200程度でしたが、これで50万円もするの?」
3D表示にするとグラフィックカードへの負荷は2倍になります。左右でブレてる分を別々に処理しているためです。
よって3D表示を切ればほぼきっちりスコアは2倍になります。(このマシンでいうと4400くらい)

筆者「これを更にデュアルモニターやトリプルモニターにするとその分負荷がかかるわけですか?」
はい、そうなります。
但し、同じ画面を複数のモニタに出す場合は付加は全くかかりません。2つ3つとモニタを増やし、かつ全て一つの横長のモニタとして認識した場合に限ります。
--------------------------
PCrep03_re.jpg
店員さんに許可取って撮影

このFaithさんで展示していたマシンにのっていたグラボは前述したツクモの店員さんがおっしゃってたグラボ2枚挿しのSLIってやつでした。
もう金額とか関係なしに限界への挑戦って感じですね。50万とか出せないし。
PCrep02_re.jpg
店員さんに許可取って撮影

■DirectXの規格について
それとツクモの店員さんがスペックの話つでにこんなこともおっしゃっていました。
----------------
最新のグラボはDirectX11に対応しているが、DirectX9で開発しているゲームについてはスペックの全てを発揮は出来ない場合もある。そのため、古いグラボの方が高いスコアを出す可能性も否定できない。
----------------
だそう。現状DirectX11が最新の規格だが、FF14はDirectX9での開発。それはDirectX9の規格に準じてるハードの総数が一番多いからだそうです。
しかしその規格を上げていくことも考えているそう。そうなればグラボのスペックもより引き出せて描画もよりよくなるんでしょうか。

■最後に
これからβも始まり、PC購入を検討している人や、はたまたPC版にするかPS3版にするか悩んでいる人もいるでしょう。またはPC購入を諦めPS3版まで待つって選択をしてる人もいるかもしれません。
今回何度も強く述べましたが、それが公式のベンチマークの数値を見ての判断だとしたら、そのパッと見の数値だけをどうか鵜呑みにしないでいただきたいです。
現状で考えられるスペックとその値段。それらを照らし合わせて各々落としどころを見極めていただきたいです。
その誤認によって誤った判断をして後悔することだけはしてほしくないです。

以下に関連する他サイトさんのリンクを張ります。スコアとスペックの参考にしてみてください。中にはオーバークロックなんて裏技もあるみたいです。
ファイナルファンタジーXIVオフィシャルベンチマークソフト
FFXIV公式ベンチ公開記念。最新GPU+αの全13構成でベンチマークを回してみた
FINAL FANTASY XIV ベンチマーク・ランキング
FF XIVベンチマークをテストしてみた -CPU/GPU依存度編
G-GEAR(ツクモのゲームPCブランド)オンライン販売サイト
スポンサーサイト

テーマ:FINAL FANTASY XIV - ジャンル:オンラインゲーム

  1. 2010/07/04(日) 14:56:41|
  2. FF14(雑記)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

プロフィール

木霊(こだま)

Author:木霊(こだま)
SS加工系の画像制作を中心に活動中です。
下のflickrのサムネイルから今までに公開したスクリーンショットをご覧いただけます。
エリーンアイコンメーカーなんてものの作者でもあったりします。
Twitterもやってます。よかったらフォローどうぞです。


FF14 Lodestoneのページはコチラ。よかったら遊びに来てくださいね!


Flickrの【FINAL FANTASY XIV】Groupの管理人もしています。
加入フリーなので興味ある方はご自由にどうぞです。
http://www.flickr.com/groups/ffxiv/

画像一覧はコチラ

www.flickr.com
This is a Flickr badge showing items in a set called FFXIV. Make your own badge here.
過去の画像一覧はコチラ クリックするとスライドショー再生
大きい画像で見たい場合はコチラ flickr_banner_03.gif

SS加工講座

その他お手軽加工講座はこちら

エオルゼア百景

eor100_banner.jpg

エリーンアイコンメーカー


エリーンアイコン壁紙 Elin icon maker Wallpaper01 Elin icon maker Wallpaper01 Elin icon maker Wallpaper01 Elin icon maker Wallpaper01 Elin icon maker Wallpaper02 ご自由にお使いください!

カレンダー

06 | 2010/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新記事

最新コメント

RSSリンクの表示

月別アーカイブ

カテゴリ

FF14(風景) (141)
FF14(雑記) (43)
その他雑記 (13)
未分類 (3)
TERA(風景) (42)
TERA(雑記) (24)
PSO2 (1)
SS加工講座 (12)
FF14(企画) (2)
モンスター画像 (1)

リンク

このブログをリンクに追加する

リンクについて

当サイトはリンクフリーです。 相互リンクご希望の方は メールフォームよりメッセージを送っていただければ、こちらからもリンクを張らせていただきます。 バナーが必要な方はこちらをお使いください。
kotodama_bunner.jpg

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。